EveryDay 留学奮闘記

~the days are flying by~

09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
アメリカ合衆国、Western Illinois Universityに在学中の野郎です。
専攻はLaw Enforcement and Justice Administrationで、主に警察関連の勉強をしています。
興味がある方は是非コンタクトミー。


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


テストテストテスト
まぁ、そんなにテストがあるわけじゃないんですが、
テストに宿題が盛り沢山にプラスされてるんです。
今の俺の状態を表すならこんな感じ。
ぐー

久しぶりの絵日記。
前に比べてちっさいですけどね。
まぁ、時間がないってことで、今日はこの辺で。

っていうか、最近ネタがまったく無いっす。
半年前は何でそんなにネタがあったんだろう、と不思議でたまりません。
スポンサーサイト
未分類 / 2005.10.31 16:23 / TB[0] / CM[3]


ディズニー
12月に彼女とその友達とでディズニーリゾートへ行く事になってます。
ディズニーと言えば中学時代の修学旅行以来ですので、約7年ぶり。
っていうか、中学を卒業してもう7年も経つんですね。数字だけ見るとおっさんになった気分満々。おかしいな。

で、1ヵ月半前にも関わらず、一応ディズニーについて予習をしておこうと思い立った俺。
TDRのホームページを見てみると、まさに夢の楽園ですよ、と俺に訴えかけてるかのような雰囲気のデザイン。
そして、見事にノリノリワクワクになって、サイト内を巡回する俺。
クリスマスイベントが載っているページに行くや否な、目を輝かせる俺。
ワクワクドキドキが止まらないとはまさにこのこと。(何だそれ)
教科書を開いてる横で、ディズニーを見ながら目を輝かせてる22歳男。
はたから見たら、病院に連れていかれてもしょうがない勢いです。

でも、ホント楽しみっす。
中学の頃、片想いの子と一緒に回れたらな、と思ってた臭い甘い思い出が蘇ってきます。まぁ、実際は友達とカリブの海賊で、尋常じゃないほど盛り上がってましたけどね。
だけど今回は違います。
しかし、カップルでディズニーに行くと別れるというジンクスがあるとかないとか。
今回はグループで行くので、そんなジンクスはこっちから願い下げてやりますけど、実際にそんなジンクスがあったら、世の中どれだけのカップルが別れてるんだ、と小一時間問い詰めてやりたい。
どうなんですかね?
未分類 / 2005.10.28 16:00 / TB[0] / CM[6]


なんとっ
先程の記事を書いた直後になんとサプライズが!
感謝感激あめあられ。その瞬間は言葉が出ませんでした。

そして、その後、結果から言いますと、部屋にテントが設置されてます。
しかも中に寝袋まであります。

うん、プレゼントでした。
一緒に屋内キャンプしたい人募集中です。
水道はもちろん、キッチンからトイレまで、雨風に当たることなく利用することができますよ。
でも、明日の日が明ける前の午前中にはいつものベッドで寝てそうですけどねっ。

でもありがとうございますっ。
未分類 / 2005.10.26 13:14 / TB[0] / CM[7]


サボり!
サボり過ぎ!

とやはり変な挨拶で再登場、ヒロです。

さてさて、今日は10月25日。
これで私(わたくしと読む)も晴れて22歳になりました。
ありがとうございます、ありがとうございます。
まぁ、パーティーがあったかどうかと言われると、えぇ、皆無です。
一人でピザを注文して食ってました(ここ泣き所ですよ!)

しかも、ピザの配達人が家の前でチェックを落としたらしく、隣人がわざわざそれを知らせてきてくれたんです。チッ。(え?舌打ち?)
ちょっと面倒くさいなーと思いながらも、ここで知らんふりしたら22歳という年が嫌な年になりかねん。と思い立ち、ピザ屋に電話。10数分後に取りにきました。

結果としては、配達人がすごい安心した顔で、ありがとうっ、と言ってきたのでよしとしました。幸先の良いスタートになることを願いつつ。


近況は、というとですね。
うん、大変。
セメスターが始まってもうすぐ3ヶ月が経ちますが、LEJAのクラスでペーパーがあることに昨日気付きました。
いや、だって今まで書いたことなかったしっ(LEJA 100番台以外は)
まぁ、これはなんとかなるかなっ。

あ、ここでもう1つLEJA 312で教わった法律関連を1つ。
あるバーのバーテンダーが麻薬のディーラーだったとします。
あなたはバーテンダーがそれだということを知らずに、そのバーで友達と踊ったり酒を飲んだりと楽しんでいます。
すると突然、バーとディーラーであるバーテンダーに対しての捜査令状を持った警察がバーに踏み込み、バーを封鎖。捜査を始めました。
そして、もしあなたが何か違法な物をポケット等に隠し持っていて、さらに警察にボディーチェック(Pat-down)をされてそれが発見され、逮捕されたとします。

逮捕されたあなたは、やり切れないなぁ☆2005、とか訳の分かんないことを留置所で言っているはずでしょう。
しかーし、問題はここでの捜査令状はバーとバーテンダーに対してだったということです。
つまり、バーにいるお客達をそこに留めさせることはできたとしても(証拠隠滅等の防止のため)、その人達に対しての直接的な捜査はできないのです。
なので、もし発見されて没収、逮捕されたとしても、それは憲法修正第4条・第14条を侵したとして、無効になるんです。

ですので、もしボディーチェックをされそうになっても、令状見せろやっ、的な発言をして断っちゃっいましょうっ。

ちなみに、これはYbarra v. Illinoisでの判決内容から。

っていうか、犯罪幇助サイトか?ここは。
Law Enforcement / 2005.10.26 11:59 / TB[0] / CM[3]


豆知識?
こんにちわ。こんばんわ。おっす、オラ悟空!
うん、わかってる。壊れてるってわかってる。

今日は前回に引き続きLEJA関連で、ちょっと皆さんにも役立ちそうな豆知識をお話しようと思います。
まぁ、皆さんって言っても、捜査令状を持ち込まれるほどの犯罪を犯すような方々限定ですけどね。

2003年に判決が下った裁判で、United States v. Banks、というのがあります。
これは警察が捜査令状を持って容疑者宅へ行き、そしてドアをノックして警察である事とその用件(捜査をすること)を述べた後、何も反応が無かった場合に、どれくらいの間(秒数)待てば強制的に押し入ることができるか、というのを決めた裁判です。(Knock and annouceと言って、ドアをノック→用件を述べる、をせずに家(等)に入った場合、憲法修正第4条を侵したとして、そこで押収した証拠等はすべて無効となります)

で、この裁判で決められたのが、Knock and Annouceをして、15~20秒経っても反応がなければ、強制捜査に踏み入ることができる、としました。

ということは、ですよ。
もしあなたがシャワーやトイレ等、ちょっとした事情で遅れたとします。
そして、やっとのことでドアの前に立てたのが警察が来てから20秒後。
するとどうでしょう(某番組風に)、
警察はあたながドアの前に立っているにも関わらず、ドアをぶち倒して入ってくるんです。
まさにあなたはバタンキュー状態。
そして、床とドアにサンドイッチ。さらに警察の踏み込みによって押しこまるそれはまるで漬物石。

何かやらかしてしまった人は、是非これを気をつけてくださいね。

先生曰く、これは悲しいことに日常茶飯事だそうですから
Law Enforcement / 2005.10.13 17:08 / TB[0] / CM[3]


さて、いきなりサボってたわけですが。

はい、お久しぶりです。
いやはや、やっぱり日記を書いていく癖をつけないとどうにも書こうとしないっすね。
去年までの俺の情熱はどこに行ったのやら。
まぁ、原因はクラスが大変、ということですけどね。
その大変すぎるクラスの一つであるHistory。
これはドロップしようかとも考えましたが、ドロップ期限ギリギリまで頑張ってみちゃおうかな、っていう結論に達しています。
それに達するまで、発狂しちゃいそうなぐらい考え込んでしまいましたさ。もう嫌、History。

で、今回はちょっとLEJAの話でもしましょうか。

 以前にもお伝えしたような気がしますが、
現在LEJA 312を取っていますが、これはCriminal Procedureです。
法律の解釈を勉強するわけですが、先生はもちろんそれなりの経験がある方だったりします。
俺のクラスの先生も、元イリノイ州検事という経歴を持ってます。ピンクのワンピースを着てたりするポッチャリしたおばちゃんなんですが、元検事。世の中はすごい。(そこで悟る?)
クラスが始まった頃は、やはり元検事らしい威厳をかもし出していましたが、現在は笑顔の回数が増えてきてクラス全体も和やかなムードになってきています。

 そして以前、捜査・逮捕令状の書き方を学ぶ時に、実際に法廷で使われた、おとり捜査官による監視ビデオをクラスで見たことがあるんです。
ある一軒の家で行われている麻薬の違法取引を取り締まるためのものだったんですが、その事件を担当した検事がなんとこの先生。
しかも、ビデオの途中でKingpin(ボス)が登場したのですが、それを説明している時に、なんと先生から出た言葉が、
「彼はこの組織のKingpinでね。私は終身刑を求刑してやったわよ。実際にその判決もでたよ。」
と。
クラスも、おぉぉ、と騒ぐ2・3人の生徒(少なっ)
俺も、おばちゃんやるじゃんっ(かなり失礼)、と感心してましたよ。

 そんな人が先生のこのクラス。
今後のためにもちゃんと勉強していこうと思う今日この頃でした。

Law Enforcement / 2005.10.10 14:30 / TB[0] / CM[3]



 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。